中国で今part2

G20貿易相会合で集中砲火

G20貿易相会合で集中砲火

G20貿易相会合で中国の生産過剰問題が集中砲火を受けた。

これに対し中国は、同会合では話されるべきではないとし、一部の過激に
アンチ・ダンピング措置を実施する国政府の被害者だと反論した。

鉄鋼業のほか、石炭業、造船、セメント、ガラスなどの業界における
過剰生産問題が深刻化している。

鉄鋼業では、1トンの鉄鋼を売っても儲けは殆ど無く1本のアイスクリーム程度

石炭の炭鉱では、半年以上操業停止や給料未払いが殆どで、
造船業では、倒産が多発している。

セメントも操業は殆ど停止状態で、稼働していない。

ガラスは、建築が停止しているので板ガラスがだぶついているが、
家具などへの転用だけではとても在庫を消化する事は出来ない。

苦肉の策で、空中遊歩道などを19か所も全国の観光地などに作っているが
何時割れ落ちるか分からない。

シナのガラスは、雑物が混入していて強化ガラスにしても、割れ易くなる様です。

エスカレータの側面に使われている強化ガラスもシナ製があるので、注意して
寄りかかったりしないほうが安全です。

日本の建設でも、強化ガラスはシナで作っている場合が多く、こんな所にも
シナの粗悪品が顔を出してきます。

粗悪品が、生産過剰でダンピングとは世界を破滅に追いやる事を目論んでいるのでしょうか。

物を買う時に、極端に安い物はシナ製で危険です、買い物には気を付けましょう。
「大廉売粗悪品、シナ製品」

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional