中国で今part2

自動車消費市場の変化

自動車消費市場の変化

自動車消費市場の変化

自動車消費動向が変化しているようだ。

今までの自動車購入は、シナ人の見栄が主因の購入だったが、実用性を重視するようになっている。

これにより、中古車市場も活気が出て多くの人が中古車を求めるようになってきている。

こうなると原因は、政府の景気刺激策で1600CC以下の自動車の取得税が5%に抑えられ人々が小型車を求める傾向が強く出ているところかもしれない。

また、高級車を購入すると賄賂を疑われ周りから白い目で見られる社会環境の変化もあるのかもしれない。

何はともあれ、現在のシナでは高級車を見せびらかす事は、得策ではないと思われている要で、自動車市場も地に足がついた市場に変化しているようです。

元来、シナ人はベンツが大好きな人種でこれは、東南アジアの華僑でも、必ずベンツを買う事で自分の出世を世間に見せびらかす事が多い現象から見る事が出来る、

所が、シナで今それをやると、間違いなく賄賂と不正蓄財をを疑われ、警察の手入れを受ける事は明白です。

その為に、小型車を買い乗っているのでしょう。

それと、シナの景気は、気候と同じくぼんやりしていて、太陽は見えづこれからますます暗くなる予想なので、
貧しくなっても夜逃げには、遠くまで行ける小型車が便利であると考えたのでしょうか?

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional