中国で今part2

経済の崩壊が近い

経済の崩壊が近い

中国経済の崩壊が近い

中国共産党政府は、今年に入り経済の予測が悲観的になる事を
嫌い、経済予測をする時に専門家を良く人選刷る様にと
締め付けと圧力を加え出した。

シャドーバンキングのデフォルト懸念(確実にやってくる)や
鉱工業の負債の上昇等、どれもかなり酷い状態で専門家なら
当然、中国経済の崩壊が危惧される状態ですが、それを言わず
中国経済の先行きは明るいと言う、日本の経済誌の様な
論調なら認められるようです。

これでは、今年中に経済崩壊しますと、言っている様な
ものではないのでしょうか?

その証拠に、
中国銀行業監督管理委員会は以前、頻繁に欧米のエコノミストを
密室会議に招待していたが、昨年から、こういった会議が
大幅に減少し、信頼されるわずかなエコノミストしか
呼ばれなくなったと様です。

中央銀行や管理当局も経済情報の提供をより渋り、
中央政府から大きな圧力を受けていることが覗えます。

日本の会社も中国を撤退するなら今でしょう。

ベストな撤退方法は、安値でも会社を中国人に売却するのが
一番良い方法で、これならすんなりと国外に脱出出来ます。

経済崩壊になると、全てが難しくなるので全財産を置いて
こなければならなくなるでしょう。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional