中国で今part2

消費者は国内健康食品に不満

消費者は国内健康食品に不満

中国消費者協会が発表した健康食品に対する消費者認知度調査によると、
消費者の約7割が中国産の健康食品に不満を示し、中国産ではなく外国産のものを
選択すると答えた人も40.98%に上った。
また、27.59%が国産の健康食品について「効果がない」と認識している
ことも分かった。

中国の食品は、身体に有害な化学薬品や有害な水で育成されていて素材そのものが
既に汚染されていて、有機食品と言っても他国の通常品よりも危険な食物素材が
多数出回り、健康食品になっていないのが現状なのを、理解しているからでしょう。

効果が無い 等と無害ならばそれだけで中国は、高価に値する製品になるでしょう。

その為か、中国でも野草ブームは起こっていますがこれも環境が劣悪な為に
日本の野草とは著しく異なる場所によっては比較的安全と言える程度です。

中国では、山や人里離れた所に建設廃材や、産業廃棄物を捨てるのが通常で
それも不法投棄が日常です。

この為、車が入れる所では土壌汚染が進んでいます。 

その様な土地で取れる作物や食物は当然汚染されています。

それが、野草でも同じです。

当然その土地より低い里では、汚染は更に進み安全な土地は、政府直轄の
農園ぐらいの物です。

また、農地は農薬の多用で土地が汚染状態なので、日本の会社が有機農法の
農園を作る時に7年間も土地浄化に必要だった事からも明らかです。

中国人が、日本米を真の安全な米と考える理由が明確に分かりますね。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional