中国で今part2

最近のニュースの可笑しさ

最近のニュースの可笑しさ

最近のニュースの可笑しさ

十数年前の深せんでさえ、地場工場の給料は20%が支給されていないのが
常識だったのが、今年(2016)の春節に給料の支払われないのが2%とは
どこまで中国のニュースは嘘なのだろうか。

景気の良い時でも20%のワーカーが給料を受け取っていないのに、
現在の様な不景気になれば、それ以上に増えるのが普通ではないのでしょうか?

偽物大国、中国の事ですからニュースが嘘なのは、当然の事ですね。

その嘘でも、無いよりはましなのでしょう。

真実に近い事を中国内で報道する事は、国家反逆罪になるのが常識でもある訳で
共産党に都合の悪い事は全て国家反逆罪で刑務所送りです。

外国の報道陣でも国外退去となったり、外国メディアも真実はかけない。

これが事実のシナの姿です。

それでも、世界はシナを世界に取り込むのは、世界の経済にとって
シナは格好のカモであるからでしょう。

百年前には同じ様に、シナを植民地にするべくヨーロッパ列強が
ちょっかいを出していましたが、眠れる獅子と警戒もされていました。

それが日清戦争で日本に負けると、眠れる豚であったと列強は
争ってシナを分割してゆきました。 香港、大連、蒙古と
侵食してもシナは変化なし。

現在また同じ様な状態になっている気がしますがどうでしょう。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional