中国で今part2

役所の食堂

役所の食堂

役所の食堂

政府機関内の食堂は、下界とは著しく異なっている様です。

中央各部署の22の食堂を抜き打ち検査したところ、18の食堂ではメニューの
販売価格が仕入れ価格の5分の1以下になっていることが検査の結果分かった
そうです。

この検査の結果販売価格は、120%アップしましたが、それでもまだ安いです。

ここで販売される食物は、特別の農場で作られたもので無農薬、有機栽培の
野菜、果物、動物の餌さえ吟味されて当然水は、重金属を含まぬ飲料水に
適した水が使われ育てられた食物です。

それでいながら、市価の5分の一とはどれだけ公務員が優遇されている国なので
しょうか。

こんな所にも共産党の腐敗は蔓延している良い証拠です。

その為に、政府の政策では食の安全は、問題が無く健康な食べ物を食べ安全な水を
飲み、唯一問題は大気汚染だけです。

この為に、大気汚染は共産党幹部達も逃げられないので、対策に重点を置く
方針を取っている様です。

現在、中共政府は金欠なのでAIIBから投資を受けたのも大気汚染防止対策費
としてでした。

こんな身勝手でも、独裁政権なら問題が無く試行している様です。

シナの病根は、自分さえ良ければ後は野となれ山となれの精神にある為
長く続く事が難しい事を何時になれば気づくのでしょうか。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional