中国で今part2

原子力発電大量設置計画の裏で

原子力発電大量設置計画の裏で

原子力発電大量設置計画の裏で

シナは、豊富な資源として石炭火力を推し進めているが、石炭は採掘にも
発電にも多量の水を使用する。

その為に使用される水は、74億立方メートルで4億人分の水使用量に相当する。

2015年だけで、新たな火力発電所が210基建設され環境保護許可証が広報された。

この為に、水不足が益々酷くなり都市では断水、農村では、旱魃が頻発している。

南水北調では、3ルートのうち2ルートが完成したが、途中で流水が汚染され
飲料水ばかりか、農業用水としても使用できない水質になっている。

やがては、

火力発電すら水不足で不可能になるようです。

その為に、シナでは残された発電方法は、空気を汚さず発電する方法で
原子力発電だけが残り、原子力発電に注力せざるを得ない実情です。

原子力発電所を百数十基設置して電力事情を賄わなければ、工業が
衰退する現状にあり、選択の自由がこれのみではやらざるを得ない様です。

だが、シナの原子力発電は、安定性に欠けおまけに操作員がいい加減で
とても安定運転は、望めません。

それでもやると言う事は、今度は放射能汚染まで加わる事になり
どう見ても、人の住む地ではなくなります。

奇形児がそれでなくとも増えている現状で、これ以上奇形児を増やして
何をやりたいのでしょうか?

シナそのものが奇形児ですから、奇形児が真のシナ国民だとでもするのでしょうか。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional