中国で今part2

出生のアンバランス

出生のアンバランス

出生のアンバランス

中国では、1人っ子政策を長らく続けた為に、どうしても男の子を欲しがる
傾向が強く、妊娠して性別判定を受け、女の子だと堕胎してしまうことが
多く、出生の男女比が極端に偏っている。

ここ30年の統計で、男121に対し女100で2400万人ー3400万人
男子のほうが多くなっている。

この為、地方の農村では嫁の来手が無くなり、外国から嫁を迎え入れる事が
頻繁に行われている。

タイ山岳部の少数民族や、ミャンマー、ラオス等から騙して連れてこられた
女性も出てきている。

将来は、都市部でも富裕層以外では嫁の絶対数が少なくなり結婚できない男性が
増える事が心配されています。

そうなると、女性の誘拐が近隣国で頻発する事になり、アジアの国々は安全が
脅かされる事に繋がります。

或いは、海外に出て行ってその地で結婚する事で、中国の拡散が問題になるようです。

確かに一人っ子政策は人口抑制には効果が大きかったですが、同時に弊害も大きく
この点でも、中国の未来は決して明るくないようです。

同時に男が増えれば、殺伐とした社会環境も更に殺伐とし、中国の社会制度さえ
揺るがしかねない事態を容易に発生させます。

中国は、軍事力だけでなく人口圧力でも世界に悪影響を与える危険が発生する様です。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional