中国で今part2

内モンゴルで環境破壊

内モンゴルで環境破壊

内モンゴルで環境破壊

内モンゴルに有るトングリ砂漠の周辺には100社以上の
化学工場が有るが、この全ての工場は工業廃水を未処理のまま
砂漠に垂れ流している。

この為、砂漠の周辺では環境破壊が著しい。

高速道路から100mの所に有る排水池からは、悪臭で道路の清掃員などは
マスク無しには作業も出来ず、頭痛やのどの痛みに悩まされている。

こんなに酷い環境汚染が進行しているのに、更に乾燥した排水の汚泥を
周りの砂漠に埋め立てている

地元民を訴えに、地元環境当局は汚染物を砂漠に埋めるやり方を否定し、
「四半期毎に地下水の水質検査を行っている。毎回とも合格だ」と主張している。

環境局は、地元政府が貰った企業からの賄賂の為に偽の検査きり出来ないようです。

こんな事をしていて中国はどうなるのでしょうか?

共産党は中国の土地を捨てて行くから良いでしょうが、後に残る庶民は
どうなるのでしょうか。

また、癌村が内モンゴルにも出現するのでしょう。

こうして、中国は滅びるのでしょう。

現在、地球では中国が何年後には世界を制覇すると言っていますが
数年後の中国が有るかどうかのほうが問題ではないのでしょうか?

現在の中国はゼロ成長かマイナス成長でとても経済界が言っている結果に
辿り着く事は、他の惑星へ移住する事と同じ事です。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional