中国で今part2

偽物大国、中国

偽物大国、中国

偽物大国、中国

中国に偽物の無い事はない。

先頃のあるイベントで、安徽省安慶市トップの市党委員会書記が、節約の為
カレンダーの裏を使って作成したコメント草稿を捉えたと報道機関が報じた。

所が、その映像の彼の席には1瓶35元(通常の1瓶の価格は2.5-5元)の
飲料水が映っていた。

インターネットでは、節約ではなくメモ用紙の用意を怠ってカレンダーの裏に
書いたのが真実だと思わぬ反発が起こっている。

中国の報道は、政府の御用番組ばかりでよいしょ記事以外載らないし新聞でも同じです。

それでいて、各社は競争を強いられているので何とか他社との差別化を図るために
真実を報道する方法を模索している様です。

この報道でも真実が分かる様に報道した素晴らしい報道と考えられるかもしれません。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional