中国で今part2

中国の忠犬、金虎

中国の忠犬、金虎

中国の忠犬、金虎

7年前、北京に上京してきた呂さんは、車にはねられて重症の
チャウチャウを手厚く看護した、このチャウチャウは妊娠していて
その後数頭の子犬を生んだ。

金虎はその内の1匹で呂さんと馬が有った様で、
他は知人の所で飼われている。

その後、呂さんは独立し友人と2人で仕事をしたがその時には
通勤は、金虎と一緒に通っていたが、店が遠くなりバスで通勤するように
なった為に、毎日バス停まで迎えに来るようになった。

地方から、都会に出て来ている人は単身が多く、どうしても
帰宅してから、心が晴れないが彼は金虎が待っているので
真直ぐ帰宅している様で、時々の残業時には、遅くなると
金虎の事が心配の様です。

中国でも、動物は全く日本と変わらず正直ですね。

それに比べて、中国人はいったいどうなったのでしょうか??

それとも、犬には共産党も糸瓜も有りませんから元のままの姿で
生きていけるのでしょうか?

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional