中国で今part2

テロからの身の守り方をCCTVが指南

テロからの身の守り方をCCTVが指南

テロからの身の守り方をCCTVで指南

4月、5月と続けてテロが発生した中国で、国営放送は人民に
テロ攻撃からの身の守り方を紹介した。

それによると、携帯電話で写真を撮ってミニブログに投稿したりせず
すぐにその場を離れて、警察に報告する。

また、テロから身を隠す方法などもまた毒ガスに対処する方法も有ったようです。

中国では、今年(2014)に入りテロが多発していて、大都市では
治安の強化が実施されていますが、一向に好転していません。

現在では、2-3人が慌てて走り出すと周りの全ての人々が走り出しパニックに
陥った人々の逃走で怪我人が出たりしています。

それ程人々は無差別テロを身近に感じているのです。

走る事など全くない中国人が夢中で走るのを見れば反射的に無差別テロと判断する
のは中国では常識になっています。

その為か、公安が拳銃で武装する様になりました。

今までは警棒のみで巡回していたのと比べ、治安は確実に悪くなっている様です。

また、公安による銃の発砲等で住民が怪我をする等の事件を出てきていますが
政府は、この様な事件は情報統制してひた隠しに隠しています。

2014年の治安は、以前に比べて確実に悪くなっています。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional