中国で今part2

アリババは偽物推奨

アリババは偽物推奨

アリババは偽物推奨

アリババグループのジャック・マー会長は6月14日、投資家会議で
「模造品の問題はその高品質さにある」とし、「模造商品の多くは正規品よりも
品質が優れており、価格も安く抑えられている」と発言した。

シナでも、アリババは模造品を売っている割合が高いと言われているので
当然の発言かもしれない。

実際は、シナの模造品は品質が低く本物と比べる事も出来ません。
それでもシナ独自の製造品から比べれば高品質なのは、それだけシナの品質が
劣悪である証拠です。

シナ人の発想は、高品質は高価な材質を使い、故に高品質は高価という発想です。

同じ値段で品質がより良いものが高品質と言う考えは、全く無いないのが不思議
なくらい高品質は高価を信じています。

そこには、適材適所の発想は全く無く、高品質の物を作るには高価な材質を
使い、造りは粗悪品の造りのままでは、高品質になる事は有りません。

それなら、偽造品対策団体の国際模倣対策連合に加盟などしなければいいと思う
のですが、加盟申請して加盟しています。

シナ人の考える事は、外国人には理解不能で、波風をわざと立てて居る様にさえ
感じます。

これには、国内でも批判が上がっていますがそんな事を気にするシナ人は
シナ人ではありませんね。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional